目の下のクマをなくすにはどうしたらよいですか?

目の下のクマをなくすにはどうしたらよいですか?

寝不足が続いたり、カラダの疲れや精神的なストレスを感じると、とたんに現れる目のクマ。
シミやニキビの跡はメイクで隠せても、クマはなかなか隠すことができません。上手に隠せないのなら、スキンケアで根本から解決するのがいちばんです。

目のクマは顔面の血流不足がベースになっています。顔面の血流不足は、脳疲労によって起こりますから、まずは脳の血流そのものを改善して、疲労物質を血
液によって脳から運び出すことが重要です。
血流をよくするには、血液がサラサラとスムーズに流れるようにしなければなりません。血液がサラサラになるか、ドロドロになるかは、血中に含まれている脂肪酸の種類によって決まります。

血液サラサラといえば、EPAとDHAです。青魚の脂肪に多いEPAは、血管の中で血のかたまりができるのを防ぎ、血液の粘度を下げて、血流を改善する作用があります。同じく青魚に含まれるDHAは、血管を柔らかくして毛細血管のすみずみまで血液を流れやすくします。
このようにEPAとDHAをとることで、脳の血流は飛躍的に改善され、結果、顔面への血流も回復します。
血流がよくなったところで、脳疲労をとり、代謝機能を高める成分をとります。
短期間で絶大な疲労回復効果をもたらすのは、プラセンタ注射です。

プラセンタには「IGF-1」(IGF-1=インスリン様成長因子-1)と呼ばれる作用があり、これが脳疲労を吹き飛ばすのに大きな力を発揮します。
また、脳疲労を回復させる効果のある成分に、イチョウ葉エキスがあります。
イチョウ葉エキスに含まれる成分のうちフラボノイドには、脳の代謝機能を高める作用があると言われています。また、同じくイチョウ葉エキスに含まれる
ギンコライドは、脳内の抹消神経を拡張して、フラボノイドの脳に対する作用を手助けする働きがあります。

このように、プラセンタとイチョウ葉エキスのダブル効果で脳疲労を一気に吹き飛ばし、脳の機能を高めれば、顔面への血流は回復し、日の周りのクマも自然
に消滅します。
あとは良質な睡眠をとってください。深く良質な睡眠は、脳疲労をとり、顔面への血流を改善します。睡眠の質を良くする成分に「グリシン」があります。工
ビや力二などの魚介類に多く含まれていますが、市販のサプリメントを利用するのもいいでしょう。

目の下にクマをつくらないようにするには、血液をサラサラにして、脳疲労を蓄積させないことがポイントです。

~もっと詳しく~書籍「お医者さんが教える3日でヌード肌」

肌の悩みを即解消!有効成分をコスメで肌の上から塗るか、サプリメントでカラダの内側から補うか、肌質、肌環境に合わせた効果的な方法、お医者さんが教えます!
お求めはこちらから

Dr.真吾のBOOK健康相談室カテゴリの最新記事