うつ病

うつ病

心のどこかに不安を抱えている人が多い中で、心の病の進行は、本人やまわりにとっても非常にわかりにくいものです。不快感そのものが心の病気の主要症状だったり、症状が重くなってから急に心の病と認識したり、最近ではうつ病は精神病というより、病気を含めて色々な原因からなる症候群とされています。うつ病がどのようなものか、どのように対処したらいいのかを知ることが、うつ病から早く抜け出す為の方法といえるでしょう。

心の診断をする見極めは、ありますか?

本人が著しく苦痛を感じることがあり、日常生活の上で支障がある場合。
または、まわりの人達や社会が悩むことがあるときには、治療の必要性があると考えられます。

最近、軽いうつ病に悩む人が増えていると聞きましたが、どういう症状なのですか?

一般的には、ストレスに対して自分で上手く回避し、その環境から抜け出して生活しているのですが、ストレスに対応出来なくなると不安症状が起こり、その不安が強くなったり、長引いたり、また不安が繰り返し起こるなど、沈んだ気持ちから回復しにくく、自分でコントロールが不可能になります。

 従来のような思考も行動も停止して身動きもとれない状態のうつ病よりも「つらい」「憂うつだ」「意欲がわかない」などと訴えながら、仕事をする、身なりもきちんとしている。うつ病独特の自責感や罪悪感は少なく、自分自身の不完全感から慢性的にうつ病が続くものをいいます。

うつ病の原因はストレスといわれますが?

ストレスの言葉本来の意味は、物理学用語で「ゆがみ」です。

医学的には「何らかの刺激がからだに加えられたときに、からだや心が示すゆがみや変調のこと」をいいます。その、ストレスの処理がうまく出来ないと心やからだに悪影響を与えるようになり、憂うつな気分を招いて、「やる気が起こらない」「何をやってもつまらない」と追いつめられるようになります。これが、うつ病の始まりといわれます。憂うつな気分が続くようなら、いち早くそれを察して、環境を変えたり気分転換をしたり、なるべく早く憂うつ感を解消することが大切です。

うつ病は遺伝しますか?

うつ病は遺伝病ではありません。糖尿病や高血圧と同じように、なり易い要因が遺伝することはあると言われていますが、だからといって全員が発生するわけではないのです。

PTSDは 「心的外傷後ストレス障害」 といわれる心の病気と聞きましたが。

地震・火災などに遭遇したり、日常からかけ離れた事件・事故などを体験した後、長期にわたって精神的不安にとらわれるという病気です。事件・事故のことを忘れられない、思い出して眠れない。更には、からだにも異常が出てくるようになる。また同じ体験をするのではないか。と恐怖感から抜け出せず、憂うつ感を持つようになります。このような状態のとき、励ましの言葉は禁物です。

励ましの言葉が逆に本人を責めてしまいます。話を聞くなど、少しでも理解をすることが本人にとってはいいようです。

うつ病は治りますか?

うつ病の症状によっても違い、回復するまで時間がかかることもあります。また、再発する事も多いので、適切な治療を根気よく続ければ、うつ病は、治る病気である事を知っておいて下さい。

うつ病のきっかけは「辛いこと」「悲しいこと」ばかりではないのですか?

晴れがましい環境(栄転・昇進・結婚・出産など)の変化が「上手くやっていけるか」「これから大変」という不安、「頑張らなきゃ」とストレスになって、うつ病の引き金となる場合もあります。

うつ症状の時、まわりが注意する対応点は何ですか

うつ病は元々、頑張れない自分に腹が立ち責めてしまう性質があるので「物事を決断する」とか「何かをしなければいけない」というような状況を避けましょう。更に本人の焦りを誘うような「頑張って」とか「くよくよするな」と力づけないようにしましょう。本人に必要なのは励ましの言葉ではなく、心からの理解なのです。まずは、休ませることです。そして、治ることを信じて治療の為の環境づくりを整えましょう。

うつ病の予防として、大切なのは何ですか

うつ病の人は、完璧主義で頑張り過ぎな所があるので、まず、目標を少し下げてみて、無理をしないように余裕を持ちましょう。忙しい時こそ僅かでも休養が必要です。自分の為の時間を確保できるように、生活態度を変えてみましょう。自分が楽しいと思える趣味を持つのも一つの手段です。

老人性痴呆症とうつ病は、見た目は似ていると聞きましたが。両者の違いはどこですか

老人性痴呆症の場合は、自分の記憶障害への自覚がないので、それを隠そうとします。質問に対して間違った出任せを言ったりする傾向があります。発生はゆるやかに持続的に痴呆が出てきて、日常生活は一見保たれているように見えますが、情動不安定で感情と不一致な外見が見受けられます。

一方、うつ病の場合ですが、お年寄りのうつ病は、生命力の低下や頭の働きの衰えが目立つので、見た目には痴呆症のようにも映ります。が、自分の病気への自覚があり、自分のボケ状態を強調して相手に伝えようとする傾向があるので、知っていることでも「わからない」「知らない」と答えることが多いようです。発生は急速で、早くから日常生活に適応できず、身体合併症も現れるのも特徴です。

女性特有の「更年期障害」にも憂うつ感や気分の落ち込みなどの症状が現れることがありますが、これはうつ病の初期症状なのでしょうか

中年期にさしかかった50歳・閉経前後時期に起こりやすい、からだと心の変調を「更年期障害」といいます。個人差はありますが、顔面の紅潮・のぼせ・ほてり・発汗・月経異常・動悸・不眠・頭痛などの症状が現れるようです。心の変調は、憂うつ感や気分の落ち込みなどが現れますが、その症状が時間の経過とともに治まれば、更年期障害によるものと考えられます。しかし、継続的に症状が続き改善されない場合は、一度専門医の診察を受けた方がいいと思われます。

うつ病に似ているといわれる、心の病気「不安神経症」はどんな症状ですか

他人から見れば何ともなく、危険が迫っているわけでもないのに、些細なことにも強く不安を感じてしまいます。からだに出る症状も、ふるえ・動悸・呼吸困難・冷や汗などが現れますが、体重減少はあまりみられません。
不安神経症になりやすいタイプは、神経質で内向的な性格といえます。

漠然とした強い不安感が発作的に起こり、その発作が恐ろしい経験となって、再び起こるのではないかと不安を呼んでしまいます。この不安発作の繰り返しが不安神経症の厄介な所です。

うつ病と自殺とは、密接な関係にあるのですか

うつ病の場合、病状が悪くなるにつれ孤独感が深まっていき「自分なんていないほうが・・・」と思いつめて、死ぬことを考えるようになります。今まで何でもこなしていた自分とは違うことが許せなくなり、発作的に自殺をはかってしまうのです。客観的にみて、生きていけないというほどの状況とは思えないのに、本人にとっては追いつめられていくようです。

自殺願望が強くなると色々な症状があらわれます。その症状に多く該当する場合は特に注意が必要です。
・ 罪悪感がとても強い。
・ 不安やイライラが強く、落着きがない。
・ 不眠症状に長く悩んでいる。
・ 将来に希望をもてず、絶望的な状態。
・ 孤独感がとても強い。
・ 親しい人と離別してから、立ち直れない。
・ 慢性疾患を抱えている。
・ アルコールや薬物依存症にかかっている。
・ 過去に自殺を企てたことがある。

うつ病の基本治療、休養・薬・精神療法の三つとは?

患者のからだの症状や病気の重さ・原因、病気にかかっている期間などによって、三つの療法をバランスよく組み合わせて、治療法を決めていきます。

休養として、多くの場合、仕事や家事などストレスの原因と思われることから遠ざかり、心とからだをゆっくりと休ませるように指示を出してから、薬の服用を進めます。

薬は速効性のある薬剤ではないので、効果が出るまで、個人差はあります。そして、薬の服用時に注意することは、勝手に薬の服用をやめないことです。かえって病気が長くなったり、悪化させてしまうことがあります。薬の効果が確認されたら、次は精神療法へ移行になります。精神療法を行う最適な時期に、焦らず時間をかけて進めることが大切です。根本的な解決には、何がきっかけとなったのかを把握し、原因がわかっていなければ、同じことを繰り返してしまう可能性があります。

健康Q&Aカテゴリの最新記事