肌にいいといわれるビタミンC。具体的にはどのような作用があるのですか?

肌にいいといわれるビタミンC。具体的にはどのような作用があるのですか?

きれいな肌への最短ルートを考えるとき、ビタミンCの存在は必要不可欠です。コラーゲンやヒアルロン酸など分子の大きい成分とは違い、分子が小さいため、飲んでよし、塗ってよし、美肌効果を十分に期待できるスグレモノです。

■シミ・ソバカスを薄くする

シミやソバカスは、表皮と真皮の境目に存在するメラニン細胞が突然変異を起こすことが原因です。突然変異によってメラニン細胞が大量のメラニン色素を生成するようになるのです。
メラニン色素の原料は、「チロシン」というアミノ酸です。チロシンが酵素「チロシナーゼ」の作用を受けて、メラニン色素へと変換されていくのです。したがって、チロシナーゼの作用が弱くなれば、当然、メラニン色素の生産量は低下します。

ビタミンCは、このチロシナーゼの作用を強力に抑えます。そのチロシナーゼ阻害作用のおかげで、シミ・ソバカスが薄くなるのです。

■肌のハリがよみがえる

肌のハリ、つまり皮膚の弾力は皮下組織の充満度の影響を受けます。皮下組織に成分が満ちていれば、弾力のある肌になりますし、成分が欠乏していれば隙間だらけになって弾力がなくなります。

ここでいう皮下組織の成分とは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸などのことです。これらの成分は、皮下組織に存在する線維芽細胞によってつくられます。
線維芽細胞がコラーゲンをつくるときには、「プロリン」というアミノ酸を「ハイドロキシプロリン」というアミノ酸に変換しなければなりませんが、このとき必要な酵素が「プロリルハイドロキシラーゼ」です。ビタミンCは、そのプロリルハイドロキシラーゼの補酵素として働きます。
したがって、ビタミンCが大量にあるとコラーゲンが増えて肌の弾力、つまりハリがよみがえりやすくなるということになります。

■ニキビや吹き出ものにも

ニキビ・吹き出ものを防止するには、毛穴の内側の脂成分が順調に排出されること、最近が繁殖しないような強い免疫力を持つことの2点が重要です。
ビタミンCは、リンパ球の働きを高めて免疫力を増強しますので、ニキビ・吹き出ものの予防に効果を発揮することはあるでしょう。

一日に摂取すべきビタミンCの目標量は、一般の健康効果を目的にするのであれば1g以上ですが、美肌効果を目的にするなら3g以上とることが望ましいでしょう。サプリメントを利用するのであれば、一日3回、毎食後にとるのがおすすめです。

~もっと詳しく~ 書籍「お医者さんが考えた「一週間」スキンケア

三笠書房
肝臓や心臓と同じで、肌も一つの臓器を考えたときに、新しい角度からのお手入れが見えてきます。
お求めはこちらから

Dr.真吾のBOOK健康相談室カテゴリの最新記事