甘いものがやめられません・・・。

甘いものがやめられません・・・。

ダイエット途中で挫折したり、ダイエット直後にリバウンドしてしまう大きな原因のひとつに、甘いものの存在があります。

「我慢しなければ」と思うほど食べたくなる。しかも、我慢する期間が長いほど、つい誘惑に負けて甘いものを口にしたとたん、止まらなくなってドカ食いしてしまう。これは、ダイエットをする人に共通に現れる現象です。

こうした現象は、どんなに食事でお腹がいっぱいでも甘いものなら入る、いわゆる「デザートは別腹」という現象と関係しています。
とても興味深い実験結果があります。ある人に満腹になるまで食事をとってもらい、胃のレントゲンを撮ります。胃の中には内容物がギッシリつまっています。次にその人に甘いものをちらりと見せます。そして、再びレントゲンを撮ると、なんと胃の中にスペースができているのです。「デザートは別腹」という現象は本当にあることが、証明されたわけです。

なぜそのような現象が起こるのでしょうか。
それを説明するために考えられたのが、「味覚特異性満腹」という理論です。これは、脳の中枢は、単に満腹だとか空腹だとかを感じとるだけではなく、辛い、甘い、苦いといった味わいについてもそれぞれ満足しているかどうかを感じとる性質をもっている、というセオリー。たとえば、長期間、甘いものを食べない生活を送っている人は、脳の甘みを感じとる部分がいつまでたっても満たされず、甘いものを食べたいという欲求は、きわめて強くなっています。これは、いわば甘いものに対する飢餓状態が続いているということ。そういう状態で甘いものを見てしまうと、どんなにお腹いっぱいでも甘いものを摂取しようとするのです。食欲中枢のある脳の視床下部は、自律神経のコントロールタワーでもあるため、食欲中枢の刺激を受けた自律神経は、胃のぜん動運動を促して、胃の中にスペースをつくるというわけです。

こうして促進された胃のぜん動運動は、食欲中枢が満足して自律神経への刺激をストップするまで続きます。飢餓状態の期間が長ければ長いほど、それだけ食欲中枢の欲求は高まっており、甘いものを食べても満足するまでに時間がかかります。そのため、ダイエット中に甘いものを食べると、止まらなくなって、ドカ食いしてしまうという現象が起こるのです。つまり、いくら摂取カロリーを減らすためとはいえ、甘いものをまったく食べないのは、むしろ逆効果といえます。
ダイエットを成功させるには、この理論を逆手にとることです。ダイエツト中にあえて甘いものを食べ、甘みを感じる脳の食欲中枢を満足させてドカ食いを防ぎましょう。

一般に甘いものがダイエットの敵といわれるのは、たいていデザート類に使われている大量の脂肪のせいです。糖分そのものは、1gあたり4kcalにすぎません。砂糖入りのコーヒーや紅茶、黒砂糖はダイエットの強い味方です。

~もっと詳しく~ 書籍「もっとキレイに変身できる朝だけダイエット

「朝だけダイエット」で今よりもっとキレイになりたいあなたへ。無理も我慢もまったくなく、美容にも健康にもいい。それが「朝だけ」ダイエットの基本です。
お求めはこちらから

Dr.真吾のBOOK健康相談室カテゴリの最新記事