加齢とともに、家に閉じこもりがちになり、何もやる気がおきません。

加齢とともに、家に閉じこもりがちになり、何もやる気がおきません。

10代半ばから20歳ぐらいまでの若い人たちが、繁華街をわけもなく徘徊しているのをよく見かけます。仲間とただウロついているだけで楽しいのです。
しかし、若い頃のウキウキした気分はい⊃の間にか失われていきます。なんとなく気持ちに八りがなくなって、心身ともに「疲れ」を感じ、思考もネガティブになっていきます。

若い頃の「あの気持ち」は、なにも高齢になって初めて失うわけではありません。

  • 「社会人になったから、あんなことはやめよう」
  • 「車を買ったから、それはやめておこう」
  • 「結婚したから、こんなことはやめよう」
  • 「子供ができたから、あれはやめておこう」
  • 「マイホームを買ったから、これはやめておこう」

こんなふうに、年と共にやる気や意欲は失われてしまうものなのです。こうした気分の変化は、どうして起こるのでしょう?実は、成長ホルモンの変化による影響を受けていたのです。

成長ホルモンは、体のあらゆる部分の新陳代謝をコントロールするホルモンで、子どもの背を伸ばすほか、筋肉形成、体脂肪分解など体内のさまざまな化学反応を促進します。肌の八り・ツヤや意欲の向上など心身への若返り効果も高く、活力と若返りのキーとなる存在です。しかし、残念ながら20歳までは体内に成長ホルモンが豊富にありますが、20歳以後は急減することが知られています。

さて、私は、これまでに20~70代と幅広い年齢の人たちに、成長ホルモンの投与を試みてきました。そのうち、特に30代以上の人たちに顕著にあらわれる効果が、高揚感です。成長ホルモンを投与すると、誰もが口ぐちに「気持ちがウキウキとして、じっとしていられない気分になってきました」とか、「将来が楽しく思えて、夢と希望を感じるようになりました」というのです。成長ホルモンは、脳に対していわば躁状態をつくり出すような作用を持っています。10代の若者が理由もなくウキウキとして、将来に希望を感じるのは、体内でたくさん成長ホルモンが分泌されているからなのです。

高齢になって自宅に閉じこもっている高齢者はたくさんいます。身体機能が低下してやむを得ず家にいるわけではなく、外出する意欲がなくなって、閉じこもっているうちに足腰の筋力や心肺機能は低下し、老いが加速されてしまいます。そんな老夫婦が、成長ホルモンを投与しはじめた途端、楽しく出かけるようになったという例は、枚挙にいとまがありません。

成長ホルモンは、小児の低身長治療に用いられてきたもので、通常は注射で投与しますが、当院には費用を安く抑えられるスプレータイプの舌下投与剤もあります。
体内の成長ホルモンをよみがえらせて、もう一度、若い頃のポジティブな生活を送りましょう。

~もっと詳しく~ 書籍「子育て終えて本格キレイ!美肌&ダイエット

メディカルサロン
子育てを終えて虚無感に襲われたら・・・我慢せず、無理をせず、軽やかに華やかにエイジング・リカバリー!
お求めはこちらから

Dr.真吾のBOOK健康相談室カテゴリの最新記事