スムーズにやせられないのは便秘が原因だと思います。何かいい方法はありませんか?

スムーズにやせられないのは便秘が原因だと思います。何かいい方法はありませんか?

便秘を治せばダイエットができると思っている人がたくさんいます。確かに、腸内通過時間を速くして、食べたものを次々とスピーディーに排泄していけば、ダイエットに役立ちます。

便秘の不快感をとるために、薬を使っている人も多いでしょう。薬を使うのがもっとも手っ取り早い便秘改善法だといえなくもありません。
しかし、便秘薬を長期的に使用するのは好ましくありません。とくに、よく市販されているセンナ系の大腸刺激性下剤を頻繁に使うのは、よくありません。
大腸刺激性下剤は、大腸の自律神経系などに働いて、大腸を刺激して排泄を促すものです。
しかし、自律神経系に物理的な刺激を与え続けていると、次第に神経がその刺激に慣れ、反応が鈍くなります。すると、今まで通り薬を飲んでも便が出なくなり、もっと強い刺激を与えるため、薬の量を増やすことになります。いわゆる「クセになる」状態が起こり、飲む薬の量がどんどん増えていくのです。しかも、人によっては、年をとったときにまったく便が出なくなるという現象を迎えることもあります。どんなに頑固な便秘でも、大腸刺激性下剤を使用することは、極力控えたいものです。

どうしても医薬品に頼るなら、酸化マグネシウム緩下剤を利用するようにしましょう。緩下剤は、腸の中の水分を増やすことで便を軟らかくし、同時に便のかさも増やして、排泄しやすくします。
同様に、炭酸ガスの刺激によって排泄反射を促す作用のあるレシカルボン座薬も、大腸刺激性下剤とは違ってクセにならないので、安心して使えます。
便通が2~3日なく、下腹に重苦しさを感じるようなときは、こうした緩下剤や座薬を利用するといいでしょう。

しかし、薬はあくまで二次的なもので、根本的な便秘解消にはなりません。日頃から快便を心がけるには、食生活の改善が大切です。
私がこれまで指導してきた中で、もっとも効果が大きく、しかも食生活に取り入れやすいのが、「桑の葉茶」です。
桑の葉茶には、炭水化物の吸収を抑える働きがあるため、食べものが水分をたくさん含んだまま小腸・大腸を通過することになりますから、緩下剤と同じような効果を得られます。
市販されている桑の葉茶には、ほかの茶葉とブレンドされているものも少なくありません。桑の葉茶を飲んでも便秘が改善されないという人は、桑の葉の成分が身体に合っていないわけではなく、桑の葉の含有量が少ないことに問題があります。

便秘改善効果を確実に得るには、桑の葉100%のものか、桑の葉の量が多いものを選ぶことが、非常に重要なポイントです。ちょっと飲んで効果がないからといって、あきらめてはいけません。思ったような効果が得られないなら、ほかの商品を試してみることです。

~もっと詳しく~ 書籍「もっとキレイに変身できる朝だけダイエット

「朝だけダイエット」で今よりもっとキレイになりたいあなたへ。無理も我慢もまったくなく、美容にも健康にもいい。それが「朝だけ」ダイエットの基本です。
お求めはこちらから

Dr.真吾のBOOK健康相談室カテゴリの最新記事