急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変の違いがわかりますか?

NO IMAGE

「炎症」といつのは何かご存じですか。厳密な医学的定義はありますが、「何かの原因で、その部位が障害され、機能が低下したり、痛みや腫れを出したりしている状態」と理解していただければ十分でしょう。この「何かの原因」で一番多いのが、細菌やウイルスです。
膀胱に菌が宿り、そのために排尿痛や頻尿、残尿感などの症状があれば、膀胱炎と診断されます。肺に菌やウイルスが宿り、胸痛、呼吸困難、発熱が出現すれば肺炎と診断されます。
同様に肝臓に何らかの原因で障害が起こり、痛み、腫れ、肝機能低下が出ている状態を肝炎と呼びます。ただし、肝臓の場合、痛みは減多に出ません。何らかの原因として重要なのは、ウイルス、アルコール、薬剤、沈着した脂肪です。

肝炎は経過により、急性肝炎と慢性肝炎に分類されます。
急性肝炎というのは、一時的に強い炎症が肝臓に起こり、ときにはGPTが1000以上にまで上昇します。まれに劇症肝炎といわれる状態まで悪化することがありますが、普通は1~3ヶ月で元の状態に戻ります。
一方、運が悪い場合、慢性肝炎の状態になることもあります。慢性肝炎は、長期間にわたって肝臓の軽い障害が続く状態です。
可長期間続くということは、炎症の原因となるものが、いつまでも体の中に宿っていることです。ウイルスが原因になることが少なくありません。

さて、慢性肝炎で、GPT100以上の状態が長く続くと、今度は肝硬変へと進行します。慢性肝炎のなれの果てが、肝硬変なのです。肝臓は柔軟性を失い、固くなり、表面がデコボコの見苦しい姿に変り果てるのです。肝障害には、放置していいものと、放置すると比較的早く肝硬変へと進行するものとがあります。最終判断は医師の意見に任せることになりますが、もし健診や人間ドツクなどで「肝障害あり」と言われたら、この4つのどれかです。

  1. ライルス性肝炎
  2. アルコール性肝炎(アルコール性肝障害)
  3. 薬剤性肝炎
  4. 脂肪肝

肝臓病には、これら以外にも何種類もありますが、頻度は少ないです。2.3.はそれぞれ原因となっているアルコール、薬剤をやめると治ります。4.は肝臓の細胞の中や隙間に蓄積された脂肪により肝細胞が破壊され、肝障害を起こしている状態です。
怖いのは1.で、肝臓の中にウイルスが宿り、その結果、肝臓の細胞が破壊されてしまうタイプの肝障害です。1~3ヶ月で完全に治る急性肝炎と一生お付き合いすることになる慢性肝炎とに分けられます。ウイルス性の慢性肝炎は長期間、肝臓にダメージを与えつづけ、肝硬変へと導いてしまうこともしばしばです。定期的に専門医の検査を受けることが必須になります。

健康ワンポイントレッスンカテゴリの最新記事