理想のダイエットを成功させる方法その6 ~砂糖中毒からの脱出~

理想のダイエットを成功させる方法その6 ~砂糖中毒からの脱出~

理想のダイエツトを成功させるための障害となるのが、クッキーやチョコレート、ケーキ、アイスクリームなどです。
甘い物にはやめられない魅力があります。食品メーカーもそれを承知で、ソフトドリンク、ドレッシング、パスタソース、シリアル、調味料などの食品に大量の砂糖を使用しています。その結果、私たちは日常的にどのくらいの砂糖を摂取しているのか気づかないまま、かなりの砂糖依存=砂糖中毒になってしまっています。

砂糖中毒とは、砂糖や甘味料などを多く含む飲料・食品の過剰摂取によって様々な不定愁訴を発現させる依存症の一種です。砂糖の王成分は炭水化物の一種のショ糖で、ブドウ糖と果糖の化合物です。人工的に合成された白砂糖は食物とは言えず、精製後の白砂糖からはビタミンやミネラルがすべて抜けていて、99%以上がショ糖です。砂糖を摂取すると脳内でドーパミンなどの快楽ホルモンが分泌され、その量が多くなると摂取欲求が増します。
身体が疲れた時や、強いストレスを感じるたびに砂糖を摂取して、快楽や幸福感を得るようになると、この快感がクセになり、「砂糖摂取=幸せになる」と無意識に刷り込まれてしまいます。

このような砂糖中毒の依存から抜け出す4つの方法をご紹介します。

  1. 身の回りに砂糖を置かず、3日間砂糖断ちをする。加工食品の原材料に「砂糖」と記載があるものは購入せず、まずは3日間砂糖断ちします。3日ができたら、5日、7日と期間を伸ばしてみましょう。
  2. 一日3食のバランスの良いカロリー摂取をする。糖質(穀類、芋類、野菜)、脂質(オリーブオイル、オメガ3系脂肪酸、チーズ)、タンパク質(赤身の肉、魚、大豆、卵)のカロリーバランスを整え、食物繊維の多い食事を心がけ、血糖値を安定させましょう。
  3. 間食には、フルーツや芋類など、自然食品のおやつを摂る。甘いものが食べたくなったら、果物やドライフルーツ、ナッツ類などを少量食べましょう。
  4. 充分な睡眠と適度な運動をする。睡眠と運動は、食事の意識を紛らわすだけでなく、食欲に関係するホルモンのコントロールをしてくれます。朝は日光を浴びて、夜はストレッチをする習慣を身につけてみましょう。

予防医学は価値ある生き方カテゴリの最新記事