ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)

Q1 テレビや新聞、雑誌で「ピロリ菌」という名をよく見ます。ピロリ菌とは何なのですか。

胃の粘膜上に宿る細菌です。正式名を「ヘリコバクター・ピロリ」といいます。日本人の感染率は高く、 40 歳以上の男女の 50 %以上に感染しています 。

Q2 なぜ最近になって、ピロリ菌が話題になったのですか 。

ピロリ菌は 1983 年まで発見されませんでした。胃の中は強い酸性なので、細菌が常駐できるとは思われていなかったのです。そのため、発見が遅れました 。

Q3 日本にピロリ菌が蔓延しているのはなぜですか 。

他の先進国と比較すると日本にはピロリ菌に感染している人が非常に多いのは確かです。戦後しばらくの衛生事情が関係しているのでしょう。ピロリ菌は糞便中に排泄されますので、ナマ水を飲めるのと関係しているかもしれません。また、野菜の肥料に人糞を使っていたのも影響しているのでしょう。

Q4 ピロリ菌は胃の中にしかいないのです 。

腸にも生息できますが、腸には他の菌に邪魔されて十分に生育することができません。したがって、他の菌がいない胃の中で育つことになります。口腔内に出てきて歯垢の中に潜むことがあります 。

Q5 胃の中には他の菌はいないのです 。

結核菌とその類似菌が胃の中に生息することがありますが、それらとピロリ菌以外には常駐する菌は見つかっていません 。

Q6 胃の症状がないのにピロリ菌がいることはあるのですか 。

あります。胃の症状がまったくない人でも、ピロリ菌が宿っていることはしばしばです。「日ごろ胃は丈夫だったのに、突然胃ガンが出てきた」という話と連動させてください 。

Q7 私にピロリ菌は宿っているのでしょうか。ピロリ菌がいるかどうかは、どのようにして調べるのですか 。

病院に行って、尿素呼気試験や採血、胃カメラで調べることができます。また、ろ紙に染み込ませた血液から判定することも可能です 。

Q8 ピロリ菌がいれば、胃にどのような障害が起こるのですか 。

胃の粘膜に炎症が起こり、慢性胃炎をきたすことがあります。その結果、「ムカムカする」「脂っこいものが苦手」「しくしくと痛い」などの症状が出ます。また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を起こすこともあります 。

Q9 胃潰瘍を繰り返しています。私の胃にはピロリ菌がいるのでしょうか 。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍を繰り返す人には、ピロリ菌が宿っている可能性が極めて大きいと言えるでしょう 。

Q10 ピロリ菌と胃ガンの関係は 。

世界保健機構( WHO )は「胃ガンとピロリ菌の関係は、肺ガンとタバコの関係に匹敵する」と認定しています。ピロリ菌がいると胃ガン発生率は 6 倍になるという説が有力です 。

Q11 ピロリ菌はどのようにして感染するのですか 。

乳幼児期に感染することが多いようですが、成人になってからも感染します。かつては、胃カメラで感染させていたようです。また、実例でキッスやサバ寿司から感染した人もいます。

Q12 キスでピロリ菌が感染することがあるのですか。実例で感染した人がいました 。

実例で感染した人がいました 。

Q13 食べ物でピロリ菌が感染することはあるのですか 。

実例でサバ寿司から感染した人がいました 。

Q14 胃の中でのピロリ菌の繁殖を抑えるにはどうしたらいいですか 。

話題になっているピロリ菌の繁殖を抑えるヨーグルトなどを利用してみてはいかがでしょうか 。

Q15 胃の中のピロリ菌を完全に撃滅するにはどうしたらいいでしょうか 。

病院に行くと除菌療法が行われています。 3 種類の抗生物質を7~ 10 日間内服します。ただし、保険が利く場合は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の併発などケースが限られています。保険適応でないのに、将来の胃ガンを防止する目的で除菌したいときは、保険外の扱いになる覚悟をしてください。費用は、医療機関により異なりますが、総額で5万円~20万円ぐらいです。

健康サロンQ&Aカテゴリの最新記事