両親とも背が低い場合は、子どもも必ず低くなってしまうのでしょうか?

両親とも背が低い場合は、子どもも必ず低くなってしまうのでしょうか?

子どもの最終身長は主として「4歳のときの身長」と「思春期の始まりの時期」の2つで決まります。
4歳のときの身長が平均の100センチより高ければ、最終身長はその分高くなり、低ければ、最終身長はその分低くなります。
また、思春期が早く始まれば、1年あたり5~6センチ低くなります。思春期が遅く始まれば、1年あたり5~6センチ高くなります。

4歳のときの身長には、遺伝の影響はほとんどありません。食べる量で決まると思ってください。たくさん食べる子は4歳で100センチより大きくなり、あまり食べない子は4歳で100センチより低くなります。

思春期の始まりの時期には遺伝的傾向があるようです。両親の一方の思春期が早ければ、その子どもの思春期も早く始まる可能性があります。思春期開始のサインは、男の子は睾丸が少し大きくなること、女の子は胸がふくらみ始めることですから、よく注意して見ていください。あまりにも思春期が早く始まったときには、思春期を遅らせる治療を行ったほうがいいこともあります。

両親の思春期が早かった場合、子育てにおいては、思春期が始まるまでにできる限り背を伸ばしてあげることを考えるのがいいでしょう。
思春期の始まりまでは、背の伸びは食べる量にある程度比例しますから、たっぷり食べさせてあげてください。タンパク質が不足しないようにすることが基本です。しつけや栄養バランスの事を考えて子どもの嫌いな食べ物をあえて食べさせようとするお母さんがいますが、これは逆効果です。背の伸びを考える場合は、子どもが望むものをたくさん食べさせるのがいいでしょう。ただし、スナック菓子や甘いものなどは成長に必要なタンパク質をあまり含まないので、お菓子ばかり食べさせると肥満だけを助長させることになります。

思春期の最終段階では声変わり、女の子では初潮が始まります。こうなると、普通ならもうその先は3~6センチしか伸びません。しかし、医療の手を加えるとこの時期(思春期の最終段階)になってからでも10センチ以上伸ばすことが可能です。

思春期終了間近の最終段階で「もうひと伸び」を目指したい人は、専門医に一度相談するとよいでしょう。

~もっと詳しく~  お医者さんが教える 「わが子の背をすくすく伸ばすには」

身長は遺伝だけでは決まりません。これまで誰も教えてくれなかった重大な要素が身長を左右するのです。
お求めはこちらから

Dr.真吾のBOOK健康相談室カテゴリの最新記事