化粧品の選び方を教えてください

化粧品の選び方を教えてください

以前、「こんな化粧品が危ない」などというような内容の本が話題になったことがあります。
2001年より医薬部外品を除く化粧品に含まれる成分全成分が表示されることになり、どんな成分でつくられているのかが、すぐに分かるようになりました。でも、だからといって、具体的にどの成分が肌によくない、と指摘するのは難しいようです。
というのも、たとえば、「防腐剤は肌に好ましくない」といういい方がよくされますが、防腐剤が入っていないということは、それだけ雑菌が繁殖しやすいということを意味します。短期間で使い切る容量の少ないものならかまいませんが、何週間も使い続けると防腐剤の入っていない化粧品は急速に劣化してしまいます。雑菌が繁殖した化粧品を使うのと、どちらが肌によりダメージを与えるかは、誰にも答えることはできないのです。

また、厚生労働省によって一つひとつの成分は問題がないと認可されているものであっても、それが複数組み合わさったときに、どういう化学反応が起こるかは、未知数です。
さらに、私たち一人ひとり持って生まれた肌質が違うため、合う成分も人それぞれ異なります。その証拠に、肌がきれいな人が使っている化粧品を試してみても、同様の効果を得ることができなかったという人も少なくないはずです。
ですから、現在あなたが使用している化粧品にとりたてて問題がないというのなら、そのまま使い続けていてもまず問題ないでしょう。ただ、これから新しい化粧品を購入する場合は、含まれている成分の数を目安にして選ぶようにするといいでしょう。配合されている成分の数が少なければ少ないほど、余計な化学反応の起こる確率も低いと考えられます。

また、クレンジングからクリームまですべてを、一度に買い替えるのはおすすめしません。
まず化粧水なら化粧水だけを替えてみて、かゆみやかぶれなど肌に異変がないかを必ずチェックし、問題がなければ次は乳液を、というふうに切り替えていきましょう。一度に切り替えてしまうと、どの化粧品が合わなかったのかがわからず、また一からやり直しということになってしまいます。

~もっと詳しく~ 書籍「米ぬかスキンケア」

お医者さんが自信をもってすすめる「米ぬかスキンケア」!
まさに劇的「米ぬか」効果!米ぬかの成分は肌の成分と同じ。だから肌に”効く”栄養素がダイレクトに肌にしみ込んでいく!
お求めはこちらから

Dr.真吾のBOOK健康相談室カテゴリの最新記事