更年期障害の不快な症状を吹き飛ばしたい…

更年期障害の不快な症状を吹き飛ばしたい…

頭痛、耳鳴り、倦怠感、疲れ、肩こり、関節痛、ほてり、のぼせ、発汗、冷え、めまい、動悸、息切れ、イライラ、不眠、抑うつ、無気力など、若い頃にはみられなかった症状が40代後半になってから起こり始めた場合は、更年期障害が考えられます。更年期とは、卵巣が休みはじめてから、完全に休むまでの10年ほどを指します。
この時期には、卵巣から分泌されるエストロゲンが減少するため、心臓を取り巻く血管や内分泌、精神神経系などにさまざまな症状があらわれます。

女性ホルモンの低下はすべての女性に起こりますが、全員が更年期障害を起こすわけではありません。症状も千差万別で、重い人も軽い人も、あまり不調を感じない人もいます。
更年期障害による症状を緩和させる治療としては、低下したホルモンを補充する療法をはじめ、精神安定剤や漢方薬などの薬物療法、カウンセリングなどがあります。漢方薬は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、桃核蒸気湯などが使われています。

ところで、更年期はちょうど育児から解放される時期にもあたります。
子育てという生きがいがなくなったことがきっかけとなって、更年期障害が発症することもしばしばあります。
また、更年期障害の症状は、完璧主義の人やキャリアウーマン、専業主婦の人も強くあらわれるという傾向もあります。こうしたことから、おそらく、更年期障害にはホルモンの影響以外に、精神的な要因も大きく関与していると考えられます。したがって、薬物療法やカウンセリングを受けると同時に、何か生きがいを見つけることも、不快な症状を吹き飛ばす一因となります。

女性の体は、「性周期に支配されている」という側面があります。周期的に変動する女性ホルモンは、体や心理状態に、陰に陽に好不調の波をもたらします。

更年期障害による体調不良に効果があると注目されているものに、プラセンタがあります。日本語では「胎盤」と訳しますが、「胎盤から抽出した生理活性物質(エキス)」のことです。
このプラセンタには、女性ホルモンのような作用があります。しかもうれしいことに、副作用は皆無といわれています。

~もっと詳しく~ 書籍「からだの痛みにすぐ効く本」

三笠書房
全身の様々な痛みの中で代表的なものを各部位ごとにピックアップ!その原因や治療法、予防や再発防止につながるテクニックを紹介
お求めはこちらから

Dr.真吾のBOOK健康相談室カテゴリの最新記事