日本はなぜ世界最長寿国になれたのか

戦後、日本人の平均寿命が伸びたわけ

戦後すぐの昭和22年の頃は平均寿命52歳にすぎなかった日本がいつのまにか世界最長寿を成し遂げました。どうして平均寿命がそんなにも延びたのか、まずは成因を分析してみましょう。

◇ 栄養状態の改善
戦後10~20年は、食べるものがなく栄養不良の時代でした。この時代には免疫力が低下し、感染症に弱い体でした。栄養状態が改善して「丈夫な体」をもてるようになりました。

◇ 感染症治療の進歩
抗生剤が誕生し、細菌感染の治療が容易になりました。戦後すぐの頃は「怪我をして膿んでそのまま死んでしまった」などという話がありました。いまでは滅多に聞きません。当然、結核などの長期的な治療後に死にいたる病気もめっきり減りました。

◇ 高血圧治療の進歩
戦後多かった死因の一つに「ぽっくり病」があります。「縁側に座っていた父が突然倒れてそのまま死んだ」という話をよく聞いたでしょう。これは脳出血が原因です。その脳出血をもたらしたのが高血圧です。高血圧の薬物治療が格段に進歩して、脳出血で死ぬ 人が極端に減りました。

◇ 国民皆保険制度の創設
感染症治療や高血圧治療などの医療がどれほど進歩しても、その医療を受けることができなければ意味がありません。日本には世界に冠たる「国家システムとしての国民皆保険制度」があります。どの人も格安で進歩した医療を受けることができるのです。驚くべきことに、アメリカなどの先進国でも、本人負担の医療費が莫大であるが故に、治療を受けられずに死んでしまう、という人も現実的にいるのです。

◇ 啓蒙活動
文盲率の低さなどにも支えられて、日本では、全国民に一つの情報を伝えていくことが容易です。それゆえの弊害としてブランド志向などが生まれていますが、こと健康に関しては好影響が目立ちます。「塩分を控えよう」と啓蒙すれば、とりあえず全員が「塩分を控えなきゃ」と思うようになります。健康管理を正しく学べば、間違いなく平均寿命は長くなります。いい例を長野県にみることができます。長野県の平均寿命は、もともと下位 10県に入っていたのですが、健康教育を県の行政活動として振興させた結果、いまでは、寿命の長さでは全国で1位 、2位を争う県になっています。

ざっと以上の5つが挙げられますが、実はここから先のもう一つが重要です。

魚介類中心の食生活が“世界一”の土台

日本人の平均寿命が伸びた、もうひとつの理由について述べていきましょう。

◇ 海産物の摂取量
アメリカと比較したときに魚介類の摂取量の多さが目立ちます。魚介類をよく食べるということは、その成分の健康効果 で、大腸ガン、乳ガン、心筋梗塞、脳梗塞の発症率が低下します。そして、日本が他の先進国と比べたときに、この4つの病気の発症率が極端に低いことが、平均寿命世界第1位 の土台となっているのです。

この魚介類の健康効果について語ってみましょう。

魚介類を摂取すると身につく成分として、エイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)が知られています。日本人とアメリカ人の血中濃度を比較してみましょう。左の表を見てください。EPA濃度については、日本人4.1%に対し、アメリカ人は0.3%に過ぎません。DHA濃度については、日本人5.7%に対し、アメリカ人は1.1%です。
同じ日本人でもアメリカに移住して日系二世、三世になると、EPA0.5%、DHA1.8%になります。このことは、まさに遺伝の影響ではなく、食生活の影響で血液中のEPA濃度、DHA濃度が決まることを物語っています。

EPAとDHAの働き

さて、EPAとDHAは体にどのような働きをするのでしょうか。まず、第一に有名なのが血栓症の予防です。血管内で血小板の塊ができるのを予防してくれるのです。精製されたEPAが医療用の薬「エパデール」となって、閉塞性動脈硬化症の治療に利用されているぐらいです。血栓症ができにくいというのは、心筋梗塞や脳梗塞を予防するということを意味しています。まとめると、「血液をサラサラにする」という効果 があるということです。

次に知られているのが、大腸ガン予防効果です。次の実験が有名です。「ラットに発ガン剤を与えて大腸ガンをつくる際に、魚油から抽出されるエイコサペンタエン酸(EPA)を投与しておくと、リノール酸系のアブラを投与しておいた場合と比べると、大腸ガンの発生率は、2分の1以下になった。また、同じ魚油に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)を投与しておくと、同じように発ガン剤を与えても大腸ガンの発生率は3分の1程度になり、またすでにガン化している細胞の成長を抑えることもわかった」 つまり、EPAやDHAのおかげで、大腸ガンを抑えられていることが予測されます。大腸ガンといえば遺伝的要因の影響も大きいことも考え合わせてみましょう。

日本に住んでいる日本人の大腸ガン死亡率はアメリカ人の10分の1程度に過ぎません。しかし、アメリカに住んでいる日系二世、三世の大腸ガン死亡率は、世界一になります。 このことから、次の結論が導き出されます。
「遺伝的に日本人は世界でもっとも大腸ガンにかかりやすい民族である。しかし、魚介類をよく食べるために、カラダの中にEPAやDHAが蓄積され、そのおかげで大腸ガンは発生しないですんでいる」
乳ガンも同じように考えていいでしょう。

食生活の欧米化”は健康の大敵

さて、最近の日本では家畜の肉の摂取量が飛躍的に増え、魚介類の摂取量が減りました。「価格的に安価な輸入牛肉が入手されることと、肉類は調理しやすい」という点に立脚しています。そして、全体的に高脂肪食化しています。 この食生活の変化は「食生活の欧米化」といわれていますが、それに応じて、日本でまさに発生率が急上昇しているのが、心筋梗塞、脳梗塞、大腸ガン、乳ガンなのです。
最近は、30歳台で心筋梗塞を起こす人をよく見かけるようになりました。また、大腸ガンの死亡率はうなぎのぼりで、近年肝臓ガンや胃ガンを抜くだろうと予測されています。 それらの原因は、「魚介類の摂取量減少による血中EPA、DHA濃度の低下である」と断言していいでしょう。

健康管理指導を求めてメディカルサロンに入会した人の血液中のEPA濃度やDHA濃度はもれなく測定していますが、確かに欧米型の食生活の人や、若いときに肉をよく食べていた人のそれらの濃度はかなりひくくなっており、EPAで1%以下、DHAで2%以下の人がすくなくありません。このデータは欧米人なみの数字であり、その人たちの将来には、心筋梗塞、脳梗塞、大腸ガン、乳ガン(女性の場合)が心配されます。
日本人の皆さんは、いかに外食が多くなろうとも、いかに肉が安価になり魚介類が高価になろうとも、いかに肉が調理しやすく魚介類が調理しにくくても、決して魚介類の摂取量 を減らしてはいけません。特に体が大きくなっていく成長期の食べ物の内容は重要です。子育てが関係する時期には特に意識してください。 長寿を目指す上で、つまり寿命管理の上で、EPAやDHAがとても重要な役割を担っているということは忘れないようにしましょう。
なにせ、啓蒙活動をすすめると平均寿命が延びることが実証されています。 切なる思いで伝えていきたいことなのです。

EPAとDHAの最良のサプリメント

  • 今までの食生活で青魚が少なかった!
  • 肉類が好きで食べ続けたい!
  • 一族に脳梗塞や心筋梗塞を起こした人がいる!
  • ボケを予防したい!
  • もっと頭脳明晰に!
  • 血液サラサラのカラダにしたい!

そんなあなたに メディカルサロンの「EPA&DHA」