CATEGORY 健康ワンポイントレッスン

私たちの身近には、ちょっと気になる医学がたくさん潜んでいます。

顔や脚のむくみをとる「桑の葉茶」

お酒を連日飲んでいると、体重が増えてしまう人が少なからずいます。実際に、お酒をやめたら体重が減ったという人もたくさんいるのです。アルコールは体脂肪の蓄積とは直接関係ないはずなのに、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。その原因は二つ考えられます。 一つは「おつまみ」の問題です。豪快にビールを飲んでいる姿を想像してみてください。そのかたわらにはポテトチップス、ソーセージ、鳥のから揚げなどが並ん […]

糖質断食ダイエットで「長寿体質」の基本を作る

ベジタリアンというと肉も魚も食べずに、野菜だけをひたすら食べるというイメージがあります。実はベジタリアンにはいくつか種類があり、乳製品を食べるベジタリアンや、卵を食べるベジタリアンもいます。肉類は食べなくても魚介類を食べるベジタリアンを「ペスコ・ベジタリアン」といいます。私がおすすめするのはこのペスコ・ベジタリアンに近いスタイルで、野菜と魚を食べているなら肉を食べてもいいというベジタリアンです。 […]

頭皮の血流を改善する

髪が抜けることを「脱毛」と言います。髪が抜けてしまう病的状態が「脱毛症」です。若い男女にも「円形脱毛症」が見られることがあります。中高年になって、髪が抜けて薄くなり、頭皮が直接見えるようになる場合は、「壮年性脱毛症」と言われます。 円形脱毛症が、原因不明である(ストレスが原因と言われていますが)のに対して、中高年になって、あるいは20歳代後半から「髪が薄くなる」ことに対しては、統計的に遺伝性が認め […]

表皮の再生スピードが美肌のキーを握っている

20歳の肌と50歳の肌。ひと目でわかるその違いを、単純に「くすみ」と表現します。加齢とともにくすみが生まれるのはなぜでしょうか。それは、皮膚の細胞が新しく生まれ変わるペースが加齢とともに遅く成るからです。 フレッシュな細胞が誕生してから、やがて垢となって皮膚からはがれ落ちるまでの周期をターンオーバーといいます。20代前半頃までのターンオーバーは約28日です。ターンオーバーつまり肌の再生サイクルが順 […]

「高タンパク・低脂肪」食で冷え知らず&スリムな身体

私たちの身体は、呼吸や消化などさまざまな生命活動によって、たくさんのエネルギーを生み出しています。発生したエネルギーは、そのつど発散していないと、熱が身体にこもって体温がどんどん上昇してしまいます。そこで私たちの身体は、心臓からもっとも遠い手足の先にどんどん血液を送り出すことで熱を放出し、体温を一定に保っています。熱帯地方など気温の高いところで暮らす民族が一様に長い手足をしているのは、寒い地方に暮 […]

お酒は1~2合飲むほうが長生きできる?

アルコールは大昔から人類の生活に密接に関連してきました。医師はアルコールの悪弊を語ることが多いのですが、ストレスを解消し、人生を楽しむ手段の一つであることは間違いありません。アルコールによる体の障害を論じるより、アルコールを利用して、少しでも長生きの確率を高める方法を講じるべきではないでしょうか。 先進国21ヵ国のデータでは、1日にワインを1〜2杯飲む人の心疾患による死亡率が、まったく飲まない人よ […]

お腹のでっぱりに気をつけよう

メタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満症候群)ということばがすっかり定着しました。お腹の中の脂肪、とくに内臓脂肪によって、病気が引き起こされやすくなった状態をいいます。理解している方も多いと思いますが、ここでおさらいをしましょう。 まずは、メタボリックシンドロームをもたらすメカニズムからお話します。 腸から吸収された栄養素は毛細血管に入り込み、血液によって肝臓へと運ばれます。このとき、毛細血管は […]

血圧が危険領域だったらどうする

ある人の血圧が1日中同じ値であるということはありえません。血圧の値は1日の中でもめまぐるしく変動しています。一般に日中の血圧はやや高めになり、睡眠中の血圧はやや低めになります。しかし、朝起きたときの血圧が1日のうちでもっとも高いという人もいます。また、日中は上が160もあるのに、寝る前は110しかないという人も珍しくありません。このように血圧の1日の変動には個人差が大きいことを理解してください。あ […]

我慢せず、食欲を自然に抑えられる医薬品

「長年の食習慣がどうしても改められない」「食欲を上手くコントロールできない」という場合、マジンドールという成分の食欲抑制剤を使う方法があります。 マジンドールは、脳内の満腹中枢(視床下部腹内側核)と摂食中枢(外側視床下野)に働きかける薬です。「食べたい」という気持ちを抑えると同時に、そして少し食べただけで満腹感を感じることができるようにしてくれます。 のべつまくなしに食べている人、間食が多い人、ど […]

医薬品より効果あり-グルコサミン&コンドロイチン

年をとって体を動かすと、膝を痛めることがよくあります。中高年が運動をするときには、膝の軟骨を守る対策を立てておくことが重要です。 軟骨は骨の表面を覆っている弾力性のある組織で、骨と骨との摩擦を吸収して、関節をスムーズに動かすという重要な働きをしています。膝の関節には、普段歩くときでも体重の3倍にあたる力がかかり、階段の上り下りでは体重の5~7倍もの力がかかります。そのため、他の関節に比べて軟骨が失 […]

1 14