CATEGORY 綺麗のセオリー

カラダの中から綺麗になるための法則です。

満腹ホルモン「レプチン」でやせる?

遺伝による肥満が3割 「体脂肪をへらしたい」というのは女性共通の願いです。体脂肪は、私たちの体内で合成され、合成された脂肪は分解されてエネルギーとなり、余分な脂肪は体の中にたくわえられます。このような脂肪の合成や分解は、脂肪細胞の中で行われます。 脂肪細胞には、白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。白色脂肪細胞は脂肪を体内にため込もうとする性質があり、褐色脂肪細胞は体温を保持する性質があります。こ […]

膀胱炎にご用心

がまんは禁物です 何度もトイレに行っても残尿感があったり、排尿のときに痛みを感じたりすることがあったら膀胱炎かもしれません。膀胱炎は二十~三十代の女性に多くみられる慢性化しやすい病気で、大腸菌などの細菌が膀胱に侵入して起こります。 健康なときには、膀胱に細菌が入っても尿といっしょに排出することができますが、疲れや冷え、カゼなどで体の抵抗力が落ちていると、膀胱炎を発症しやすくなります。女性の尿道は男 […]

ビタミンAが肌に効く

美肌の強力な味方 サプリメントでビタミンをとることも肌によい影響をもたらしますが、肌に直接ビタミンを塗るとさらによく効きます。ビタミンの塗布は、少ない濃度でもよく浸透して皮膚の細胞に作用します。 美肌に効果的なビタミンとして、シワを改善するビタミンAそのものであるレチノールと、その仲間であるレチノイン酸があげられます。レチノールは表皮をふっくらとさせて小ジワを改善し、レチノイン酸は真皮のコラーゲン […]

心のハーブ「セントジョンズワート」

ストレスを撃退するサプリメント うつ病や神経症には抗うつ剤が使われますが、副作用や依存症の不安もあり、できれば使いたくないもの。なんとなく気分が晴れない、落ち込んだといった不安定なときに、手軽に利用できるハーブを原料としたサプリメントが「セントジョンズワート」です。 これは、アメリカで生まれたストレスを撃退する作用のあるサプリメントで、最近日本でも販売されるようになりました。アメリカでは医師が処方 […]

精油の上手な選び方

きちんと成分表示がされているものを 精油は天然のものなので副作用がないと誤解されがちですが、呼吸器からたやすく血液中に吸収されるため、精油の品質にはもっと神経質になるべきです。日本では精油の基準があいまいですが、選び方の基準としてはきちんと成分表示がされている製品を選ぶことです。 それでは、自宅でも簡単にできるメディカルアロマセラピーを紹介しましょう。比較的入手しやすいポピュラーな精油を選びました […]

イライラと甘いものの関係

生理前に精神不安定になるのはなぜ? 生理前に無性にチョコレートが食べたくなったり、ダイエット中におまんじゅうを一箱ぺろりと食べてしまったことはありませんか。甘いものとイライラとはどんな相関関係があるのでしょうか。 生理前の甘いもののドカ食いは、黄体ホルモンの分泌が高まって精神的に不安定になることによるものです。生理のはじまる前は水分や栄養素をためやすく太りやすい時期でもあるので、この時ばかりはがま […]

更年期障害をやわらげるザクロ

ザクロに含まれるエストロゲン ザクロには、卵巣から分泌される女性ホルモンと同じエストロゲン(エストロンとエストラジオール)が含まれており、中でもザクロの種子には100グラム中1.7ミリグラムにもおよぶエストロゲンが含まれています。 閉経するとエストロゲンの分泌が急激に減少するため、のぼせやめまい、頭痛、冷え、倦怠感などさまざまな不快症状が現れます。 また、最近では過激なダイエットやストレスなどによ […]

アロマテラピーで病気を治す

疲れた心と体を香りで癒す アロマテラピーが人気です。精油(エッセンシャルオイル)のにおいをかいでリラックスしたり、入浴剤として使ったり、足や全身のマッサージオイルとして使ったりと、エステや美容の分野ではかなり身近な存在となってきました。アロマテラピーはまさに疲れた心と体を香りでいやすセラピーといえます。 もともと美容分野で進歩してきたアロマテラピーですが、フランスでは医療行為の一つとして認められ、 […]

プラセンタで美白になる

肩こりや生理痛にも効果的 美白効果のあるプラセンタ配合の化粧品や注射がブームです。プラセンタとは胎盤のこと。胎盤の抽出エキスからつくられた肝臓病や更年期障害の注射用医薬品も認可されています。もともと肝臓病や更年期障害の治療に使われていたプラセンタ注射ですが、副次的にシミやシワが解消し、肩こりや疲れにも効果が見られるということでブームに火がついたようです。 プラセンタ注射がシワを消すのは、真皮にある […]

効果的なSPF値は?

紫外線対策は年間を通して 紫外線はさまざまな皮膚のトラブルをもたらすため、子どものころから日焼け止めを、しっかり塗って、紫外線対策をすることが重要です。また、紫外線は皮膚の老化も早めるため、徹底的に紫外線をカットすればシミやシワを防ぐことができます。紫外線予防は春や夏だけでなく一年を通じて行いましょう。 紫外線予防というと、SPFという数値がかかわってきます。これはUVBという紫外線防止効果を現す […]

1 3