CATEGORY ちょっと気になるあの話

健康・医療の気になる話題の中から選りすぐってお届けします。

エコノミー症候群

エコノミー症候群とは何ですか? 飛行機の狭いエコノミークラスに座っていた人によく発症することから、エコノミー(クラス)症候群と名づけられました。実体は、座っている間に足(下腿)の太い静脈内にできた血の塊が、立ち上がった瞬間に腹部、胸部の大静脈を伝わって、心臓に入り、そこから肺動脈を経て肺に詰まってしまう病気です。 どのような症状があらわれるのですか? 急に息苦しい感じがして、呼吸が速くなります。最 […]

インフルエンザ脳症

インフルエンザで解熱剤を使うと死んでしまうという話を聞いたことがあるでしょう。何度も話題にされながらも、注意を怠り、うっかりとしたミスで毎年この日本で数十人が死んでいるのです。インフルエンザはありふれた病気です。自分自身と自分の家族の命を守るために、このコーナーの内容はすべて暗記してしまってください。 病院に行ったところ、「インフルエンザですね」と言われ、ボルタレンという薬を処方されました。この薬 […]

ピロリ菌

テレビや新聞、雑誌で「ピロリ菌」という名をよく見ます。ピロリ菌とは何なのですか。 胃の粘膜上に宿る細菌です。正式名を「ヘリコバクター・ピロリ」といいます。日本人の感染率は高く、40歳以上の男女の50%以上に感染しています。 なぜ最近になって、ピロリ菌が話題になったのですか。 ピロリ菌は1983年まで発見されませんでした。胃の中は強い酸性なので、細菌が常駐できるとは思われていなかったのです。そのため […]