CATEGORY 健康Q&A

健康に関する疑問にQ&A形式で答えます。

脳腫瘍

ここ数日頭痛がします。脳腫瘍が心配なのですが、どうしたらいいでしょうか? 頭痛の他に吐き気などもあるのでしょうか? またその頭痛はどのようなかんじでしょうか? 実は頭痛を訴えて来院する人の中で本当に脳腫瘍だった、というケースはそう多くはありません。頭痛が1週間以上も続き、ますますひどくなるようでしたら、脳神経外科など専門医を受診した方がいいでしょう。そこで精密検査を受ければ、脳腫瘍かどうか分かると […]

心臓手術

どんな場合に心臓の手術を行うのですか。 薬剤による治療だけでは、日常生活を維持するだけの心臓の機能の回復が見込まれないときで、手術によって回復が期待されるときに、手術は行われます。病名としては、心臓弁膜症、冠動脈疾患(狭心症)、先天性心疾患、大動脈瘤などが多いです。 長年、心臓病で内科に通院していましたが、ついに手術が必要だと言われ、外科に回されました。手術なしで治すことはできないのでしょうか。 […]

うつ病

心のどこかに不安を抱えている人が多い中で、心の病の進行は、本人やまわりにとっても非常にわかりにくいものです。不快感そのものが心の病気の主要症状だったり、症状が重くなってから急に心の病と認識したり、最近ではうつ病は精神病というより、病気を含めて色々な原因からなる症候群とされています。うつ病がどのようなものか、どのように対処したらいいのかを知ることが、うつ病から早く抜け出す為の方法といえるでしょう。 […]

陰部が変だ

陰のうに硬めのシコリができてだんだん大きくなりました。痛くも痒くもありません。睾丸が3個あるように見えます。ガンではないでしょうか。 陰のう内に発生するガンとしてはセミノーマというものがありますので、一応泌尿器科の診察を受ける必要があります。ただし、この場合は、たいていはガンではなく「精液瘤」と言われるものです。精子を精巣から運び出す精管の一部が球状に膨らんで底に精子がたまっている状態です。注射器 […]

喉の病気

子供がアデノイドと診断されました。昔と違い、最近はあまり手術をしないようですが。 アデノイド増殖症です。アデノイド増殖症になるとアデノイド顔貌といって、常時鼻が詰まっているため口で息をするため、絶えず口をあけているので、弛緩した表情が定着してしまいます。また、アデノイドが耳管の出口を圧迫することから、中耳炎をたびたび起こし滲出性中耳炎になりやすくなります。ですから、早めに手術を受けることをおすすめ […]

鼻の病気

毎朝起き抜けに、くしゃみと鼻水が出て、しばらく止まりません。 これはあまり心配ないでしょう。気温の変化などでくしゃみや、鼻水が出ることはままあります。たとえば、温かいラーメンなどを食べるとよく鼻水が出たり、寒いところから暖かいデパートに入ったときなど鼻水が出たりします。 就寝中鼻が詰まり、口で呼吸をするため咽の渇きで苦しくなり目が覚めます。点鼻薬を使えば治るのですが習慣になるのが心配です。 点鼻薬 […]

耳の病気

5才児が風邪気味で耳が痛いと泣いています。明日、耳鼻科に行こうと思いますが今はどんな手当てをしたらよいでしょう。 おそらく、急性中耳炎という疾患が考えられます。とりあえず、お家にある鎮痛剤もしくは解熱剤を投与してください。もしそれが大人用のものであったら、半分に割ってください。解熱剤や鎮痛剤が無ければ、座薬を入れてあげるのもよいでしょう。患部を温めないように、入浴は避け明日を待ってください。 耳の […]

胃の病気

胃が弱いのですがどうしたら良いですか。 「胃が弱い」と自覚している人のほとんどにピロリ菌が宿っていることが知られています。ピロリ菌というのは、数ミクロンぐらいの細菌で胃の粘膜にへばりついている菌です。胃の粘膜にダメージを与え、胃炎や胃潰瘍をひきおこします。まずは、このピロリ菌があなたの胃に宿っていないかどうかを調べてください。採血だけでも調べることが可能です。ピロリ菌のチェックは保険がききませんが […]

肝臓

健康診断で採血をしたところ、「肝臓が悪い」と言われました。なぜ、採血したぐらいで肝臓の良し悪しがわかるのですか。 肝臓の細胞の中には、GPTという酵素が含まれています。このGPTは、人体の中では肝臓の細胞の中にしかありません。肝臓の細胞の中にのみ閉じ込められていますので、普通は血液中には検出されません。ところが、肝臓の細胞が壊れると、細胞内のGPTが漏れ出して、血液にさらわれていきます。その結果、 […]

白内障

白内障ってどんな病気ですか? 古くは「白そこひ」など呼ばれていて、最近では一般的に白内障といいます。人の眼球は23~24ミリの直径で、重さ約7グラムほどの球体です。その眼球の前面、ちょうど黒目といっている部分には水晶体という透明な凸レンズあるのですが、そのレンズが白く濁ることによって外界からの光が入りにくくなる。つまり物が見えにくくなる病気です。このレンズはたんぱく質と水分で生成されていて、本来は […]

1 3